まとめトゥデイ

まとめトゥデイです! 最近起きた出来事やネットで話題になったネタなどをまとめています https://matome-today.blog.jp/

    タグ:ウイルス

    1: 名無しさん:2021/09/02(木) 19:39:37.37 ID:JsL6u4lj9.net
    <感染者の9割が子どもで、発症後「あっという間に死んでいく」という>

    インドで謎のウイルス性の熱病が流行している。地元紙タイムズ・オブ・インディアは、
    東部ウッタルプラデシュ州の6つの地区で、過去1週間で子ども40人超を含む
    少なくとも68人がこの熱病で死亡し、ほかにも数百人が入院していると報じた。

    英インディペンデント紙によれば、同州のヨギ・アディティヤナート首相は
    この事態を受けて、各病院に病床を増やすよう指示。
    またこの「謎の熱病」について詳しい調査を行うよう、同州の保健省に要請した。

    BBCによれば、この熱病に感染したとみられる患者には、脱水症状や吐き気、
    関節痛や頭痛の症状がみられる。腕や足に発疹が出る者もいるということだ。 https://news.yahoo.co.jp/articles/e6271d98b2510e6ce8be1d4f114343e6c7f6ffde

     この報道があったのが9月2日で今のところ大きな報道なしだお。
     恐らく世界的に広がるということはないと思うけれど要注意かお。
    acha




    【インドで謎のウイルスが流行、1週間で68人が死亡、子どもが9割で「すぐ死ぬ」】の続きを読む

    1: 名無しさん:2021/05/27(木) 22:21:35.29 ID:rWllkrRc9.net
    【社説】武漢研ウイルス流出説、信頼性高まる
    ジョー・バイデン米大統領は26日、新型コロナウイルスの発生源について、より突っ込んだ調査を行うよう情報当局に指示した。バイデン氏は、この問題に関する米国務省の調査部署の閉鎖を命じたと伝えられていたため、今回の対応は方針転換となる。同氏が自身のみっともない判断を取り繕おうとしているのは、ウイルスが武漢ウイルス研究所から流出した可能性を示す証拠によってついに「ダムが決壊」したためだ。当初から疑わしい事実が明らかになっていたのに、大統領が調査を指示するまでこれほど時間がかかったのは恥ずべきことである。
     世界のメディアは2020年1月、中国の武漢市でウイルス感染が広がっていることを伝え始めた。トム・コットン米上院議員は2020年1月30日、「このコロナウイルスは地球規模のパンデミック(世界的大流行)を引き起こす可能性がある」と述べた。「注目すべきは、中国唯一のバイオセーフティーレベル4のスーパー研究施設が武漢にあり、世界で最も危険な病原体を使った研究が行われていることだ。病原体の中にはコロナウイルスも含まれている」

    WSJ 2021/5/27 15:34 JST
    https://jp.wsj.com/articles/the-virus-lab-theorys-new-credibility-11622097256

    コロナウイルスは武漢研究所から流出した説が公式に考えられる

    政府関係者は、コロナウイルスが中国・武漢の研究室から流出したという説を検討している。ウォール・ストリート・ジャーナルのレポーター、マイケル・ゴードンがCBSN AMに参加し、2019年11月にCOVIDのような症状で病院の治療を求めた施設の研究者について、これまで公開されていなかった詳細を含む最新の記事について話しています。
    ウォール・ストリート・ジャーナルの新しいレポートは、2019年の11月にCOVIDのような症状を発症した施設の3人の研究者について、これまで公開されていなかった詳細を伝えています。国務省は1月初旬に発表したファクトシートで、実験室の労働者の症状を報告しました。
    マイケル・ゴードン:これがどのようにして起こったかをお話ししましょう。ご指摘の通り、国務省は1月15日に武漢ウイルス研究所に関するファクトシートを発表しました。そしてそこには、2019年秋に研究者の一部が病気になったと信じるに足る理由が米国政府にはあると書かれていました。そしてこのファクトシートは、米国のインテルコミュニティによって吟味されたものでした。

    Yahoo!ニュース 米CBS 2021/5/27 ソース英語 『Officials consider theory COVID-19 leaked from Wuhan lab』
    https://www.yahoo.com/news/officials-consider-theory-covid-19-132233477.html

    武漢研究所のCOVID-19リーク理論が力を取り戻している理由
    以前は陰謀説として却下されていましたが、COVID-19が武漢研究所から流出したという考えが注目を集めています。ウイルスの起源についての生まれ変わった議論について知る必要があるすべてがここにあります。
    「多くの人にとって、偶然が多すぎるのは問題だ」と指摘され、「状況証拠」の量が増えていることを示した。
    COVID-19の症状と一致する症状を呈した武漢の研究者たち
    日曜日、ウォール・ストリート・ジャーナル紙は、米国の未発表の情報にアクセスしたと主張し、新型コロナウイルスが最初に報告された中国の都市である武漢ウイルス学研究所の3人の研究者が、2019年11月の時点で「COVID-19と季節性感染症の両方に一致する症状」を呈し、入院を必要としていたと報じました。
    中国は、翌月の12月下旬に武漢で肺炎患者が発生したことを世界保健機関(WHO)に公表した。

    ドイチェヴェレ 2021/5/26
    https://www.dw.com/es/por-qu%C3%A9-la-teor%C3%ADa-de-la-fuga-del-covid-19-del-laboratorio-de-wuhan-est%C3%A1-recobrando-fuerza/a-57673149

     うーん、ただ絶対認めないと思うんだお。
    acha



    【武漢研ウイルス流出説、信頼性高まる】の続きを読む

    このページのトップヘ